スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告

ブルキング号の食欲不振についてご報告させていただいておりましたが、4月10日午前2時50分頃、老衰のため静かに息を引き取りました。
ブル2009.12.24

4月3日の「ブルキングの近況」でも触れましたが、4月に入り獣医さんの診察を受け、7日までは点滴を続けていました。
点滴の効果もあり、段々とリンゴやニンジン以外に濃厚飼料(とうもろこしや、麦などを乾燥させ潰したもの)や青草も食べるようになっていました。

しかし4月9日の朝、倒れているブルキングを発見。すぐに立たせようとしましたが立ち上がることはできませんでした。点滴を始めて数日、少しずつ元気になったように見えたのは、点滴のおかげだったようです。

最期は薬を使うことなく静かに息を引き取りました。
じぃじの顔はとても穏やかで、まるで眠っているようでした。
きっと33年間の生涯で経験した、たくさんの楽しかった思い出とともに天国へと旅立っていったのだと思います。

じぃじがトラストへやって来たのは平成19年3月15日。29歳の時のことです。それから約4年をトラストで過ごしました。
馬主さんに毎月送っている「定期連絡」(馬の様子と体温を1ヶ月ごとに報告しています)を読み返してみると、所々に「○○(馬の名前)と仲良しです」という記載があります。

マイコレクション
レモンバーム
まるこひめ
チェリーサウンド
サードニクス
花音
ピアノ
ゲイル
リュミエール
ヒーロー
シュリケン
ショウナンボーイ

じぃじは「牝馬好き」というイメージがありましたが、名前を並べてみると牝馬ばかりではなかったようですね。

ブル2007.5.10
↑レモンと
ブル2008.12.18
↑チェリーと
ブル2009.5.8
↑サードと
ブル2009.9.27
↑ピアノと
ブル2011
↑ショウちゃんと

じぃじが暮らしていた放牧地は、新入りの馬が最初に過ごす放牧地なので馬の入れ替わりが多く、仲の良かった馬が放牧生活に慣れて他の放牧地へ移動することが多くありました。その度に別れを悲しんで鳴いたり、走り回ったり・・・
でも、しばらくすると新しい相棒ができていました。
とても寂しがりやだったじぃじ。

最期は、誰が迎えにきてくれたのでしょうか・・・

亡くなってから1週間ほど経ちましたが、未だに最期の時を過ごした屋根付パドックにじぃじが居るような気がします。
きっと、トラストで暮らしている馬たちのこと、ここを訪れる人たちのことを見守っていてくれているのだと思います。

33年間おつかれさま。
最期までよく頑張ったね。
ゆっくり休んで、そっちにいるのが寂しくなったら・・・また会いにきてね。
ブル2009.4.3






コメントの投稿

非公開コメント

じぃじのご冥福をお祈りします

寂しいですね。寂しいとしか言いようがありません。
養老牧場の宿命なのかも知れませんが、愛すべき馬たちとの別れはいつか必ずやって来る…
じぃじにはもっと長生きしてもらって長生き記録更新して欲しかった。 去年グリーンチャンネルでホーストラストが紹介された時のブルキングを思い出します。ビデオ大切にとっておきます。ブルキングじぃのように、一頭でも多く、馬たちがホーストラストのような場所で、幸せな余生を送ることが出来るよう願います。ホーストラストのスタッフの皆様、これからも馬たちのことよろしくお願いします。

ありがとう

じぃじ、ずっと一緒に過ごしてきたのに、私がお休みの間に逝ってしまうことないのに。。
調子が悪いと聞いて、退院の日に会いに行ったのが最後になっていしまいました。
見学の方に「じぃじと私は同い年だ」と説明するとき、いつも私は誇らしかったんだよ。
昨年末、BTCの方に「この馬は年々元気になっている気がする」と言われたときはとても嬉しかった。
今年の”みそじぃず”の写真はじぃじとカピと私と生馬、2頭と2人で撮ろうとずっと楽しみにしてきたのに・・・

ありがとうを言いに行くことができたのはじぃじが亡くなったあとでした。
サードのときのように隣でゆっくりお別れをすることができなかったのは本当に残念。
あなたは人に甘えてきてくれるタイプの馬ではなかったけれど、独特ののんびりした雰囲気が私はとても好きでした。
生馬が大きくなったら、あなたのことをきっと話します。
女好きで、とっても元気なおじいさん馬がいたんだよ、って。
じぃじ、ありがとう。

ありがとう

ブルさん、旅立ったのですね。
ブルさんのこと、大好きでした。
とってもとっても寂しいけれど、
老衰とのこと、いろいろな理由で先に旅立った仲間たちのことを思えば、馬生を生ききったのかもしれませんね。
ホーストラストでやさしい皆さんに囲まれて幸せだったね。
ゆっくり眠ってください。
あきちゃん、生馬君、(なんて素敵な名前でしょう!)のお誕生おめでとうございます。
ぜひ、ブルさんのこと話してあげてください!

じぃじ  さようなら

とっても寂しくて残念です。
でも ホーストラストで のんびり過ごして皆さんに大切に
優しくして貰って幸せな余生だったと思います。

これからも馬たちが じぃじ のような余生を送れるように
それが一番の願いです。
スタッフの皆さん いつも  ありがとうございます。

じぃじ の冥福を お祈りします。

ショーナンボーイ

昨年10月にホーストラストにショーちゃんに会いに行った時、カメラを持って一日中ショーちゃんを追いかけました。どの角度から写真を取ってもブルじいとショーちゃんはいつも一緒にいて、水飲み場も一緒に連れ立って行き二頭同時に水を飲み、牧場の中の丘の上の方でも二頭一緒にいて、その時は「ショーちゃんと二人きりにしてくれないかな〜?」と思いましたが、ブルじいはショーちゃんを離してくれませんでした。ブルじいがショーちゃんを離さないのかと思うと、ホーストラスト7日目にブルじいが一頭で水飲み場に行くとショーちゃんが慌ててブルじいを追いかけて水飲み場に向かったのを見て、2頭の友情は深いものだと確信し、ショーちゃんをホーストラストに送って良かった、ブルじいといつまでも仲良くのんびり暮らして欲しいと願い、岡山に帰ってきました。人間だけでなく馬達もブルじいのことを、ずっと記憶に残していると思います。ブルじい、天国から全国のお馬さんを見守ってね。そして一頭でも多くブルじいみたいに老後は働かなくても馬同士でのんびり仲良く暮らせるように助けてあげてね。ブルじい、ありがとう。

お世話になりました

チェリーサウンドも、じいじに本当にお世話になりました。
ホーストラストに行った女の子は、まずはじめにみんなお世話になっているかも。。
くっ付かれても、そこから輪の中に入って行けたのかもしれないと思います。
本当にありがとう。すてきな馬でした。
おつかれさま。

ありがとう

リュミエールがホーストラストでお世話になった頃 
いつもそばにいて守ってくれていたのがじぃじでした。
友達が出来るかどうか心配していたので、初めてホーストラストに訪れてその様子を見て、私たちはどんなに心丈夫だったことか。 じぃじがそばにいてくれてると思うだけで、本当に安心していました。 
寂しいです。 本当に寂しいです。 じぃじの姿が 色んな事が思い出されて、悲しい気持ちでいっぱいです。
33年間本当にごくろうさまでした。 じぃじは、いろんな思い出をたくさんの馬に 人に プレゼントしてきたんですよね。
みんなの心にひとつひとつ刻まれていることでしょう。
天国でも いろんな思い出を作っていってください。
さようなら、 じぃじ。 

じぃじ、ありがとう

気持ちが落ち着いたらここにコメントを残そうと思ってて、落ち着いたと思ってたのに、いざ書こうと思ったら、また涙が・・・

私はまだ馬を好きになって浅いのですが、「馬」という動物は一体どんな生き物なんだろう?
と思ってネットで調べていたらこのブログにたどり着いたという経緯があります。

馬たちが、本来の姿でのびのび暮らしていて、特にじいじは女の子を追いかけまわして汗だくになったり、寂しがって走り回ったり・・・
私の心をとらえて離さない子でした。
ほぼ毎日更新を楽しみにしていて、すっかり馬という動物に魅せられました。

そんなきっかけをくれたじいじ・・・
今はもう、天国で新しい女の子を見つけて追い掛けているのでしょうか。
足元には奇麗なお花が咲いているのかな。

じいじが寿命をまっとうして、穏やかな最期であったことは、ホーストラストの方々のご尽力あってこそだと思います。
ありがとうございます。

じぃじ、本当にありがとう。そして、お疲れさまでした★

ありがとう

BTCの本には若かりしブルキングの力強い走りをしている写真がありました。
生まれてから多くの人を魅了しながらどんな生涯を送ってきたのでしょうか。
歳をとってからのブルキング、ホーストラストではじいじとの愛称を受けながらたくさんの人から愛されてきましたね。

ちょっと前までは大好きな馬を追いかけて汗びっしょりになって走ったり、大きな病気や怪我をする事もなくとても強い馬でしたね。
最後は薬を使う事もなく静かに息をひきとったとありました。
本当に大往生でした。
 
他のホーストラストにいる馬達もじいじのように最後まで元気で長生きできるよう見守ってね。

じいじに出会えた事に感謝、そして天国で先に逝った子達と仲良くね。  ありがとう。
sidetitleプロフィールsidetitle

ホーストラスト

Author:ホーストラスト
ホーストラストのスタッフによる
ブログ 『ホーストラスト日誌』へ
ようこそ!

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle鹿児島のお天気sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitlefacebooksidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle
預託・スポンサー等に関するお問い合わせはこちらのメールフォームから受け付けております。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。