スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良かった♪

いつもご報告は寂しいものばかりになってしまっているので、今日は長期的な治療が成功した馬のお話を

馬は『フウジンリマインド号』
2006年4月にトラストへやってきた古株君です。
f3.jpg
入厩時は4歳と若かったこともあり、順応もとても早く、いつも毛づやピカピカでまん丸のお腹をキープ!(エサを減らしても・・)とてもとても元気な馬です。

ところが、2008年の11月から寒い時期だけ匂いの強い、青い鼻水が出るようになりました。
獣医さんに診ていただき”蓄膿”の治療をしてきましたが、一時的に症状が改善してもまた戻ってしまったり、そうかと思えば全く症状のない日が続いたり、そのうちに暖かくなって鼻水は出なくなって・・ということを繰り返していました。
普通に生活しいていくには問題ないものでしたが、少し息苦しそうにしていることがあったりしたため馬主さんと相談し、根本的な治療を始めることにしました。

昨年2月に厩舎へ移動をし、28日に顔の額右側に穴を開ける手術をしました。
この日から、額の穴に消毒液を流し入れ、患部の洗浄・消毒しながら鼻から膿を出す治療を始めました。

4月12日、鹿児島大学の専門の先生に内視鏡検査をしていただき、5月22日に再手術。
左右の額と頬に合計4箇所穴を開けました。今まで洗い流せていなかった部分から、たくさんの膿とカビが出てきました。

f1.jpg   f2.jpg
7月9日、再び内視鏡検査。残っていたカビを除去。
8月1日、最後の内視鏡検査。少し残っていたカビを除去しましたが、全体的に綺麗になっていたため、治療を終了することになりました

最後の内視鏡検査の結果を聞いて、スタッフ皆が一安心でした。
治療に長い時間がかかることは覚悟していましたが、先生からは続けてもどこまで綺麗になるかは分からない、と言われていたからです。

最初の手術から半年間、毎日スタッフ3人がかりでの治療でした。
とても大変だったけれど、こうやって結果が出てくれると本当に嬉しい
治療自体はおそらく痛いものではなかったと思いますが、額から水が通っていく感覚は決して気持ちの良いものではなかったと思います。フウもとても頑張ってくれました。

治療が終了したときは「この穴が本当に塞がるのだろうか」と思いましたが、なんと一週間で元通りに8月8日には半年ぶりに放牧地へ戻りました。

fuj4.jpg f5.jpg
  (今ではどこに穴が開いていたのか分かりません)

再発の心配もあるので注意して見ていますが、今のところ症状は出ておらず、元気にのびのびと過ごしています

今回の大掛かりな治療を始めるきっかけになったのは、昨年、蓄膿症が進行し亡くなった馬がいたからです。
入厩時にはかなりの重症で、顔面の骨が溶けて額から膿が出ている状態でした。
私達スタッフもこのような状態になっている馬と初めて接し、また蓄膿症が命を奪うことにもなる病気だということを学びました。
彼が身をもって教えてくれたことを生かすため、今回の治療を始めました。

人間のように内臓系の病気を発見すること、麻酔をかけて手術をすること、そのあと安静にしておくことetc・・馬の医療は難しいことが多く、もどかしい思いをすることもありますが、こんな風に元気になってくれると本当に嬉しいです。

亡くなった馬達が教えてくれたこと、私たちが経験してきたこと全てをこれからに生かしていきたいと思います。

hiro_20130125150515.jpg
現在吊起帯で吊り、療養中のヒーロー号。
曳き運動の足取りもしっかりしている日が増えてきたようです。

ヒーローもまた元気に歩けるようになりますように。

あき

コメントの投稿

非公開コメント

ショーナンボーイ

良かったですね(*^o^*)

馬達を処分するのは簡単だけど、働けない馬達を救済したり長い闘病生活になると経済的負担で困難で諦めがちですが、馬達は人間の目に見えない「幸せ」を私達に与えてくれていると感じます。
馬達(一部を除き)は最初から食肉になるために生まれてきたのではありません。
人間のパートナーとして生まれて来たのです。
馬主という形が現在では安定し馬達にとっても幸せな救済方法かもしれませんが、スポンサーホース(一口馬主)というリーズナブルな価格で沢山の人達に支えられて生きていく馬達が色んな場所にいるようになれば馬達も人間も幸せになると思います。

馬主のいる馬達もスポンサーホースとして生きていく馬達も働けなくなっても分け隔て無く幸せに生きてシンザンの年齢を超えて欲しいです!

No title

リマインド君、がんばりましたネ!スタッフの皆さんもお疲れ様でした。
ヒーロー君、元気になりつつあるとのこと、とってもとっても嬉しいです!

ブログ上にはあまり載らない症例、スタッフの皆さんの地道な援助があることを知りました。高齢馬が多いだけに、回復していってくれると嬉しいですよね。
ヒーローさんもがんばれ。
sidetitleプロフィールsidetitle

ホーストラスト

Author:ホーストラスト
ホーストラストのスタッフによる
ブログ 『ホーストラスト日誌』へ
ようこそ!

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle鹿児島のお天気sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitlefacebooksidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle
預託・スポンサー等に関するお問い合わせはこちらのメールフォームから受け付けております。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。