スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今思うこと

お久しぶりです!育児休業中のあきです。
今日は少しお手伝いに来ています。

早いもので11月ももう終わりですね。
例年より暖かい日が多く、紅葉の進みがイマイチだった霧島もようやく見頃になってきました。
事務所前のもみじも ほら ↓
momiji2.jpg
アート牧場のトレッキングコースもきれいに色づいてきたようです
サクサクと赤や黄色の落ち葉を踏みながら歩く森の中はとても心地良いんですよ。
皆さんもぜひ体験してみてくださいね

毎年楽しみにしているこの時期の先導も今年はおやすみ。
怪獣”いくま”の育児に毎日奮闘しています
生馬は明日で8ヶ月
iku2.jpg
ハイスピードのハイハイやつかまり立ちをマスターし、つたい歩きを始めて・・ますます目が離せなくなりました

毎日生馬と一緒に過ごしていると、人間は一人で生活できるようになるまでになんて時間がかかるんだろうと感じたり、少しずつ色々なことが出来るようになっていく姿を頼もしく思ったり・・笑ったり泣いたりの生馬を通して、今年は命や、生きるということの重みを改めて勉強させられている気がします。

ホーストラストでも今年はたくさんの馬との寂しいお別れがありました。
訃報を聞くたびに、その馬の元気だった頃の姿を思います。
トラストでの生活を楽しく過ごしてくれたかな。
トラストに来て良かったと思ってもらえただろうかと。
ke2.jpg

主人と私は、立ち上げからホーストラストの活動に参加しています。
最初は馬が暮らすための環境作りから。ひたすらに竹を刈ったり、柵を作ったり。
そして馬の受け入れを開始して・・
大変だったけれど、新しい飼養スタイル、システムを作っていくことにやりがいを感じていました。

その気持ちが揺らいだのは、最初の馬が亡くなったとき。
『これから、ここにいる全ての馬たちを看取っていかなければならないのだ』と気付いた時でした。
頭では最初から分かっていたことです。
でも馬が大好きで、馬を助けたくてここへ来たのに、可愛い馬たち全てを見送らなければならないなんて。
現実を突きつけられて、びぃびぃ泣きながら自分にできるだろうかと考えていました。

その翌日、亡くなった馬の馬主さんからメールをいただきました。

『 馬は死んだ。 でもあなたたちは進み続けなさい 』

その馬をとても可愛がっていた馬主さん。
突然の死で一番辛いはずなのに、私たちにかけてくださった言葉でした。

私はこの言葉を忘れません。
あの時、この言葉が無かったら続けられなかったかもしれない。

そうだ、私は馬たちに恩返しをしたくてここに来たのだ。
馬たちがのんびりと余生を送り、”ありがとう”とその最期を看取るのも私達の仕事なのだ、
と気持ちの整理と覚悟が出来た言葉でした。

あれからもう4年。
いつまでもあの時の気持ちを忘れないよう、活動していきたいと思います。      

秋だからかな、ちょっとしみじみでした。
iku5.jpg

あき
    

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitleプロフィールsidetitle

ホーストラスト

Author:ホーストラスト
ホーストラストのスタッフによる
ブログ 『ホーストラスト日誌』へ
ようこそ!

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle鹿児島のお天気sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitlefacebooksidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle
預託・スポンサー等に関するお問い合わせはこちらのメールフォームから受け付けております。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。