スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告

4月6日午前9時12分頃、ジャスミン号が肺炎による衰弱のため息を引き取りました。
ジャスミン8


2月後半から少し痩せ始めたジャスミン。体付きが戻るようにと、飼葉の量を増やしたり植物性の油を飼葉に混ぜたりしながら様子を見ていました。一時期は痩せる傾向が止まったように見えましたが、3月後半の一週間あまりの間に急激に痩せ始めたため、充分にケアができるように放牧地を移動しました。

その後、3月31日の夕方から熱が出始めました。食欲はありましたが翌日になっても熱が下がらなかったため、獣医師の診察を受けました。当初は「風邪」という診断で解熱剤と抗生剤の注射を続けましたが、症状の改善は見られず4月3日に「肺炎」という診断を受けました。
ジャスミンのかかっている肺炎に有効と思われる抗生剤を探すため、様々な抗生剤を投与していきましたが有効なものはなかなか見つかりませんでした。
4月4日以降は解熱剤と抗生剤の他に、呼吸を楽にするための気管支拡張剤とビタミン剤などの注射を続けました。
4月5日の夜中からは横になることが多くなり、6日の朝にはついに立ち上がることができなくなってしまいました。そして9時12分頃、静かに息を引き取りました。

ジャスミンは平成11年4月7日生まれの13歳。乗馬を引退して鹿児島に来て、まだ8ヶ月でした。
「小さくて可愛い顔をした、とても女の子らしい馬」それがジャスミンの第一印象でした。
実際には可愛らしい姿に似合わず気が強く、いつも取り巻きを引き連れていました。
ジャスミン5

その一方で、怪我をした仲の良い馬を気遣うような優しい面もありました。
可愛らしい顔立ちで、しかも乗り心地が良かったというジャスミンは、きっと乗馬クラブでも人気があって可愛がられていたのだと思います。

食いしん坊のジャスミン。来たばかりで馬房に入っていた時には寝藁を食べて、ジンマシンだらけなっていました。
ジャスミン1

冬のジャスミン。一年目の冬にしては冬毛がモサモサ。
ジャスミン4

とっても美人なのに…
こんな顔も撮られていました。
ジャスミン7


今年は体調不良で獣医師の診察を受ける馬が多く、同じように熱が出たり「風邪」という診断を受けてすぐに回復した馬もいました。ですから、ジャスミンも「食慾があるし、すぐに元気になってくれるだろう」と思っていました。
しかし、熱は下がらず状態は日に日に悪くなっていきました。私には「ジャスミンの肺炎に有効な抗生剤が一日も早く見つかり回復してくれますように」と願うことしかできませんでした。
風邪を甘く考えていた私に、1つ間違えれば命に関わるのだということをジャスミンが教えてくれました。

もっともっと長生きして、仲間たちと放牧生活を楽しんでほしかったです。
ジャスミン2
今までよく頑張ったね。
短い間だったけれど、ありがとうジャスミン。
ジャスミン3


スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ホーストラスト

Author:ホーストラスト
ホーストラストのスタッフによる
ブログ 『ホーストラスト日誌』へ
ようこそ!

sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle鹿児島のお天気sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitlefacebooksidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle
預託・スポンサー等に関するお問い合わせはこちらのメールフォームから受け付けております。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。